<< アニはどんな猫だったのか その壱 | main | アニはどんな猫だったのか その弐 >>

1980年代における外盤レコードの買い方

0
      1986年ごろだったと思う。

    私たち一家は高千穂に住んでいた。
    宮崎県の県北の山間部に位置する小さな街だ。

    その頃は大きな買い物がある場合は、父の運転する車で、熊本市まで
    出てきていたものだった。阿蘇山麓の高森峠まで1時間ちょっと、

    それから熊本市内までは
    さらに1時間半以上はかかっただろう。

    そして、上通あたりで買い物して、高千穂では済ませられない用事
    を済ませ、日曜日の夜にかかりながら、
    また車で高千穂まで帰ってくるのだ。



    私は中学生になり立ての子供だったので、車の窓から見える熊本の町並み
    はとても都会的で、洗練された街に映ったものだ。

    今でも、訪れる度に思うのだが、
    熊本市内は独特の美しさがあって、そこは昔から変わらないのだろう。

    その日、いつものように買い物を済ませて、きっと家族で食事もしたり
    したのだろう。私はひとり、上通のアーケードにある外盤専門のレコードショップ
    へと向かった。

    そこで買ったのがこのレコードだったのだ。ELVIS COSTELLOの"MY AIM IS TRUE"
    エルビス コステロのデビューレコードだ。

    よく憶えていないのだが、きっとその頃から愛聴していた
    ピーターバラカン氏のラジオでかかったのだろう。

    ほかにも購入予定としてはTHE SMITHの"Meat Is Murder"や
    THE STYLE COUNCILの”My Favorit Shop”もあったはずだ。

    しかしこの日、購入を決めたのはこのELVIS COSTELLOだった。

    珍しく、大きめの荷物を抱えて助手席へと戻てきた私に、父が言った

    「レコード買ったのか? どれどれエルビスか、プレスリーだな..」
    「いや、父さん、これエルビス コステロって言うんだよ」

    「 コステロだって?知らないな、 エルビスといえばプレスリーだろうよ」












    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM