<< 夏のおもひで | main | 身も蓋もないラブソング >>

素敵な出会いが......

0
    10月に入りましした。
    やっと秋らしくなってきました。

    さて、
    私は仕事に出かける際は、自転車に乗って多摩川の川べりを
    走ることが多いのですが、




    そこで先日、予期しない素敵な出会いがありました。

    なんと、多摩川の土手ちょうど調布にあたる辺りで
    つがいのキジを見かけたのです。

    私は普段から野鳥を眺めることが好きで、よく双眼鏡を
    片手に、多摩川まで歩いてアオサギやシラサギなどの水辺の中型の鳥から、
    シジュウカラなどの小鳥まで眺めています。

    ある日、いつものように双眼鏡をもって多摩川の土手を歩いていたら、
    道行く先輩に
    「知ってるかい? あの中洲にはキジがいるんだよ」

    とわざわざ教えてくれたのですが、へ〜そうなんだ という感じで
    いつか会えたらいいなと思っていました。

    最初、10月のある明け方に彼らの姿を見たときは、大型のシギ、たとえば
    ダイシャクシギかなと思ったのですが、

    メスに加えて隣にいたオスの姿を
    目にした時、それがつがいのキジであることが明らかになりました。

    びっくりしたのですが、あまり人怖じしない彼らの姿を目で追って
    いるうち、なんとも晴れやかな清々しい気持ちになることが
    できました。

    こんな都会の川にも、キジがいまだ生息できるのだなぁと、
    多摩川を誇りに思うと同時に、自然のたくましさ 美しさに敬虔な気持ちさえ
    浮かべました。


    思い起こして見ると、私は数こそ少ないものの何度か野生のキジたちと
    出会っていました。たとえば東京の近郊では、川崎は登戸にあるすばらしい
    公園の生田緑地で、

    また、群馬県の武尊岳のふもとにある花咲のペンションの裏手では、ミズバショウ
    の咲く小川のたもとで、やはり明け方に一瞬の出会いをしました。

    この時は妻も一緒にこの事を体験したものです。

    そして2006年ぐらいだったと思いますが、妻に加えて父母と共に九州に天草
    を旅した時、このときは至近距離だったので下記のように写真に収めることが
    できました。


    またの出会い(encontrar)が楽しみです。
     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM