<< ビリージョエルの孤独 | main | Jimi Hendrixの4枚目のスタジオアルバム >>

ひさびさにいっしょ

0


    先日、テナーサックス奏者の清水賢二さんと横浜の”しえりる”
    で演奏してきました。

    1年以上ぶりの共演だったと 思います。

    (近藤コンディさまの写真から拝借させて頂きました)

    清水さんとは、かれこれ10年以上前、

    私が福岡で演奏を始めた頃から、ジャズのセッションでご一緒したり、
    私のリーダーライブでボサノヴァの伴奏をやって頂いたり、

    いつも共演がとても楽しみな、素晴らしいミュージシャンです。

    私のファーストアルバム”あおさぎ”でも参加して頂き、
    私にとって大切な、フェイバリットな共演の記録として残されています。


    今回は、もともとデュオでの演奏の予定だったのですが、

    遊びに来ていただいた素晴らしいミュージシャン達との
    共演となりました。

    ドラムのなりしげ ひろしさんと、横浜のベーシスト、コンディさんです。
    素晴らしい共演者に囲まれて久しぶりにドキドキ!興奮しました。

    あらためてアコースティックジャズの可能性に気づかされました。

    またぜひやりたいです。


    さて、今回は清水さんの新しいアルバムを紹介させてください。

    もう何枚目になるのでしょう、5枚以上はあるはず。
    音を通して自分を表現しつづける〜表現者としてとても意欲的な姿勢に
    あたまが下がります。

    タイトルは”ジャパニーズスタンダーズ”



    とても面白い企画で、曲はなんとすべて、日本のテレビを通してお茶の間に広まり

    昭和、平成を通して我々の身体にしみこんだあまりに有名すぎる
    ポピュラー曲ばかりです。

    一曲目から、水戸黄門のテーマです(^^; そうあの”じーんせい楽ありゃ♪
    です。これがジャズになってます。すごいですね!

    笑っていいとも!のテーマもあります。およげたいやきくんも..


    あたらしいところでは、AKBや、宇多田ヒカルさんの曲もあります。

    渋いとか、玄人ごのみの仕事ではありません。
    しかし、清水さんはこれらのポピュラーソングたちを
    あくまでジャズとして曲を扱い、すこしひねりを加えて料理して、ちょっとの
    ユーモアを持って、長年慣れ親しんだ仲間たちと演奏しています。

    決して奇をてらっている訳ではないようです。

    原曲からずいぶん離れてるなあ とか、これがあの曲なのか
    そういうことでもなく、
    誰が聴いてもすぐにあの曲だと判るようになっています。

    しかしジャズにしか聴こえないという、まあ絶妙の距離感とでもいいましょうか?
    ぜひ皆さんに聴いて頂きたいです。

    こんな風に何気なく、さらりと表現してみたいものです。


    ご自身がパイロット版をアップしていたので、リンクしておきます。
    Amazonでも買えるようなので、ぜひ買ってきいてみてください。
    https://www.youtube.com/watch?v=7DKCmjG25aI








































     

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728    
    << February 2017 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recommend
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM